大磯ロングビーチの混雑状況2022は?料金やアクセス方法なども調査!

全国のお出かけ情報
スポンサーリンク

神奈川県大磯町にある大磯ロングビーチですが、神奈川県にあるプールの中では人気のスポットです。

大磯プリンスホテルに併設されているプールで神奈川県の各地からのアクセスも良く、利用者もかなり多いのではないでしょうか。

大磯ロングビーチは、我が家も何度か行ったことがありますが、スライダーや流れるプールもあり一日楽しめますよ♪

そんな大磯ロングビーチですが、2022年の混雑状況など気になることがたくさんありますよね。

今回は、そんな大磯ロングビーチの混雑状況や利用料金。アクセス方法などについて紹介していきます。

スポンサーリンク

大磯ロングビーチの混雑状況2022は?

大磯ロングビーチの混雑状況は、以下と予想されます。

  • 8月の土日・祝日
  • 8月のお盆前後(13日~16日)

やはり、8月は夏休みということもあり混雑する可能性が高いです。

また、8月11日(木)が山の日で祝日となりますので、11日からお盆休みに入ると、11日~16日まで混雑する可能性もあります。

2022年は、入場制限はされないため、8月の土日やお盆は混雑覚悟でいくようになるかなと思います。

スポンサーリンク

大磯ロングビーチ2022のプール開きは?

2022年の大磯ロングビーチのプール開きは、7月9日(土)からです。

営業日としては、7月9日(土)から9月11日(日)までの期間にプールが開設されます。

2020年は、コロナの影響もあり利用者をホテル宿泊客や一部の会員に限定して営業していましたが、2021年には、一般開放が再開されました。

しかし、混雑緩和のため事前予約制となっていました。

そして今年、2022年は感染予防対策はするものの、入場制限などは行わず、場内のイベントも再開し、3年ぶりに通常営業になります。

スポンサーリンク

大磯ロングビーチ2022の料金は?

大磯ロングビーチの料金ですが、一般とSEIBU PRINCE CLUB 会員と宿泊者様で異なります。

  • 一般の利用者の料金体系
大人中・高校生小学生
シニア(65歳以上)
幼児
(3歳~未就学児)
1日券4,200円2,800円2,200円1,000円
2時から割引券2,500円1,800円1,200円600円
  • SEIBU PRINCE CLUB 会員の料金体系
大人中・高校生小学生
シニア(65歳以上)
幼児
(3歳~未就学児)
1日券3,400円2,100円1,700円850円

7月は、一般・SEIBU PRINCE CLUB 会員の幼児は、無料で利用が出来ます

  • ご宿泊客の料金体系
大人中・高校生小学生
シニア(65歳以上)
幼児
(3歳~未就学児)
1日券2,100円1,400円1,100円無料
2時から割引券1,250円900円600円無料
スポンサーリンク

大磯ロングビーチ2022割引券はある?

大磯ロングビーチの割引は、色々な方法で割引を浮けることが出来ます。

キャンペーン割引

昨年のキャンペーンは以下のようなキャンペーンが行われていました。

  • 「キッズフリー」:7月限定で幼児(3才~未就学児童)の入場料金が無料
  • 「HAPPY DAY」:2021年は7月6日(土)オープン日は、テント・パラソル全席無料
  • 「市町村割引デー」:指定日のみ近隣の指定市町村在住の方が、半額で入場可能

2022年は、「キッズフリー」のキャンペーンは行われると発表されています!

SEIBU PRINCE CLUB会員割引

チケットを購入する際に、株式会社西武ホールディングスが発行している「SEIBU PRINCE CLUBカード」を提示すれば、本人を含む5名まで割引がきいた料金で利用することが出来ます。

最大900円割引がききます!大人5名で行ったらかなり割引金額も大きいですよね。

  • 大人一日券:4,200円3,300円(900円割引)
  • 中・高校生一日券:2,800円2,100円(700円割引)
  • 小学生・シニア(65歳以上):2,200円1,700円(500円割引)
  • 幼児(3歳以上):1,000円850円(150円割引)

SEIBU PRINCE CLUBについては、こちらからチェックしてみてくださいね。

LINE@登録で割引クーポン配信

大磯ロングビーチの公式ホームページより、LINEに登録すると不定期に割引クーポンが配信されます。

過去の情報によると、登録すると初回限定クーポンがまず配信されるようです。

割引額としては、大人が400円割引、中高生・小学生・シニアは300円割引、幼児は200円割引と割引がききます。

割引の内容は時々でかわるようなので、ぜひこちらからLINE追加してくださいね。

大磯プリンスホテル宿泊割引

大磯プリンスホテルは、大磯ロングビーチまで徒歩0分という最高の立地に位置するホテルです。

そして、ホテルから直接大磯ロングビーチへ入場することが出来ます

オーシャンビューの部屋で朝食も非常に美味しくプールだけでなく、ホテルの宿泊も楽しむことが出来ます。

大磯プリンスホテルに宿泊すれば、各正規入場料金が半額(幼児は無料)になるというなんともお得ですよね。

当日の販売は、16:30までとなりますので注意してくださいね。

また、宿泊客の特典として以下の5つの特典があります。

  • 大磯ロングビーチオープン時間の10分前より入場可能
  • ロッカー無料
  • テントパラソルの先行Web購入が可能
  • 1名につき1日1枚バスタオルのレンタル無料
  • 温泉・スパ施設「THERMAL SPA S.WAVE」の利用が無料
スポンサーリンク

大磯ロングビーチのテントやパラソルはあるの?

大磯ロングビーチには、以下のテントやパラソルの用意があります。

  • ビーチパラソル
    テーブル、デッキチェア2脚
  • ファミリーパラソル
    テーブル、デッキチェア4脚
  • ファミリーテント1基
  • 大磯ヒルズ
    パラソル、サンベット2台、バスタオル2枚、ドリンク券2杯
  • サンベット1台

日によって金額が異なりますので、こちらからチェックをしてくださいね。

事前購入は、利用日の10日前10:00~利用日前日の23:59まで購入することが出来ます。

利用日や種類などを選択して、クレジットで決済します。

当日は、購入番号またはQRコードを印刷または、マイページで確認し、発券機でチケットを発行します。

そして、ご自身の座席フォルダーに入れて利用します。

スポンサーリンク

大磯ロングビーチの基本情報は?

大磯ロングビーチは、神奈川県の大磯町にあります。

プール開き:7月9日(土)

営業期間:7月9日(土)から9月11日(日)

営業時間:9:00~17:00
※2022年7月9日(土)~15日(金)、9月5日(月)~11日(日)は、10:00~17:00

住所:神奈川県大磯町国府本郷546

電話番号:0463-61-7726

スポンサーリンク

大磯ロングビーチのアクセス方法や駐車場は?

電車とバスまたは車、タクシーでのアクセスとなります。

電車とバスでのアクセス方法

最寄りの駅は、JR東海道線の「大磯駅」です。

大磯駅から直行バスや路線バスでのアクセスとなります。

7月の土休日(7/16(土)以降)、8月中、9月の土休日(9/11(日)まで)は、大磯駅から大磯ロングビーチまでの直行バス(有料)が運行されていますので、活用してくださいね。

また、7月と9月の平日については、大磯駅から大磯ロングビーチまでの直行バスは運行されていませんので、路線バスを利用していく必要があります。

大磯ロングビーチの最寄のバス停は「中丸」です。

バス停から降りてから大磯ロングビーチまでは徒歩で約5分となります。

車でのアクセス

東名高速厚木I.C.経由で、小田原厚木道路大磯I.C.から2kmのところにあります。

通常I.C.からは、5分ほどですが混雑時は30分前後くらいかかる場合もあります。

タクシーでのアクセス

JR東海道「大磯駅」からタクシーで約7分ほどです。(約1500円前後)

また、二宮駅からだと5分ほど(約1,100円前後)ですので、タクシーで行く場合は、二宮駅がおすすめ

大磯ロングビーチですが、駐車場のスペースはかなり多く用意されています。

駐車場情報は以下です。

  • 収容台数
    2,000台
  • 料金
    8月9日~13日、8月中の土日:2,000円
    上記以外:1,500円
    ※オートバイは無料です。
  • 注意点
    大磯プリンスホテル宿泊者には専用駐車場あり(1泊1台:1,000円)
スポンサーリンク

大磯ロングビーチにあるプールの種類は?子供も楽しめる?

大磯ロングビーチには、10種類のプールがあります。

波のプール

次々に押し寄せる本格的な波に大人も子供楽しむことが出来る波のプール。

波の高さは、0.3~0.8mです。

水深は、お子様向きゾーンは0から0.6mとなっており安心して子供たちも楽しむことが出来ます。

競泳プール

競泳プールのため、25mのプールです。

本気で泳ぎたい人におすすめです♪

ダイビングプール

スリル感たっぷりのダイビングプール。

以下の4つの高さに分かれています。

  • 1m
  • 3m
  • 5m
  • 10m

10mの飛び込みに関しては、飛び込み可能な時間が決まっています。

また受付も必要ですので、挑戦したい方は事前にチェックしましょう。

また対象年齢は、中学生から60歳までとなっておりますので、無理せず楽しんでくださいね。

噴水こどもプール

直径20mの円形プールで、水深30mで安心して泳ぐことが出来ます。

クジラやイルカなどのオブジェもあり可愛らしい空間になっていますよ。

流れるプール

ゆったり一周できる流れるプールは大磯ロングビーチの中心にあります。

一周500mで、ゆったりと浮き輪に乗って楽しんでみてはいかがでしょうか。

キッズウォーターパラダイス

緩やかな傾斜の大滑り台に2種類の遊具「びっくりバケツ」と「ウォーターシューター」を盛り込んだお子さま向けのスライダーです。

対象年齢も決まっており、3歳以上~小学生以下(身長125cm未満)です。

ウォータースライダー

スリル満点の全長140mウォータースライダーです。

2種類のコースがあります。身長120cm未満および6才未満の子たちは、利用できませんので注意しましょう!

とっても迫力があり子供たちも喜ぶこと間違いなしです!

ジェットバス

潮の香りと爽やかな海風を感じることができるジェットバスです。

ぜひ、疲れた体を癒すのに利用してみてくださいね。

こどもプール

こどもプールは、宿泊客専用のエリア内にあります。

水深が浅いので、ママ・パパも安心して遊ばせることが出来ますよ♪

シンクロ&競泳プール

こちらも宿泊客専用のエリアにあります。

本格的に泳ぎたい人におすすめです。

スポンサーリンク

プール必須の持ち物やおすすめの持ち物は?

プールに行く際は、意外と持ち物が多くて忘れてしまうものも出てくる可能性があるので、事前にチェックしておきましょう!

ラッシュガード



子供用のラッシュガードもありますので、ぜひ日焼け対策に購入してくださいね。


日焼け止め

日焼け止めは、プールに行く際は必須ですよね。

絶対に忘れないように今から準備しましょう。


子供用の日焼け止めも忘れずに!


浮き輪

流れるプールで必須のアイテム!




スポンサーリンク

大磯ロングビーチの混雑状況2022は?料金やアクセス方法なども調査!まとめ

ここまで大磯ロングビーチの混雑状況や料金などについて紹介してきました。

  • 大磯ロングビーチのプール開きは、7月9日(土)です。
  • 期間は、7月9日(土)~9月11日(日)までの約2か月間
  • 色々な割引が用意されているので、事前に使えそうな割引をチェックしましょう!
  • 駐車場は、2,000台とかなり多く駐車できます。
  • テントやパラソルは、事前予約が出来ますので、事前予約をしっかりしましょう。

事前チェックをして楽しいプールの時間を過ごしてくださいね。

同じ神奈川県にあるよみうりランドでもプールが解放されます。

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

プールで疲れたあとのお休みは、U-NEXTでドラマや映画、アニメを見てゆっくりするのがおすすめ♪↓↓↓

全国のお出かけ情報
スポンサーリンク
kumari joho ママの体験情報など色々な情報をお届け

コメント

タイトルとURLをコピーしました